本文へスキップ

郡山太極拳愛好会・全日本太極拳協会福島支部

愛好会の歴史history

昭和40年代から、故吉村吉雄氏が全日本太極拳協会公認指導員の資格を得て、自宅や公民館、公園などで太極拳の指導を始める。

昭和56年(1981年)4月から、郡山市の『FCT学園』で県内初の太極拳カルチャー講座が開講。

昭和57年(1982年)4月、第1期「郡山太極拳愛好会」創設。
  会長・吉村吉雄

『太極図説・陰陽図』に基づく、会のシンボルマークが完成。

昭和58年(1983年)10月、全日本太極拳協会指導委員長 中野春美先生を招いて講演会を開催。[郡山総合体育館]

昭和60年(1985年)4月、中国武術訪日団『中国武術チャンピオン表演会』を共催。[郡山総合体育館]

同8月、中国・陳家溝より陳小旺・陳正雷・陳桂珍老師を招き、『陳氏太極拳講習会』を共催。[福島市体育館]

平成6年(1994年)4月、郡山市スポーツ・レクレーション協会に加盟。第2期「郡山太極拳愛好会」の活動を開始。
会長:三浦貞夫

平成14年(2002年)3月、「全日本太極拳協会福島県支部」創設。『鄭氏太極拳研究会』、『楊名時・日本健康太極拳協会』、『日本練功十八法』等、県内各地の太極拳団体との連携を深める。

平成14年(2002年)4月、三浦会長退任、新会長に近藤 功。

平成16年(2004年)7月、ホームページ開設・運用を開始。

平成18年(2006年)4月近藤会長退任。新会長に影山喜恵子就任。

平成19年(2007年)6月 25周年記念大会開催 全日本太極拳協会指導委員長 中野春美先生を招いて記念式典および簡化24式太極拳講習会(下写真・郡山総合体育館)